レアジョブのレベルごとの英会話力とできること|3年間の利用者が解説

レアジョブ

レアジョブにはレアジョブレベルっていう独自の評価があるって聞いた。

レベル別の英会話力の目安とできることについて知りたい!

この記事ではそんな疑問にお答えします。

レアジョブには「レアジョブレベル」があり、1から10までの10段階評価で表されます。

しかし英検やTOIECのスコアと違って、一般的な評価方法ではないので混乱する人もいると思います。

レアジョブを長年利用してきた経験とレアジョブHPの情報を基に、レアジョブレベルの目安を解説します。

記事の執筆者

レアジョバー
レアジョバー

・レアジョブ利用歴3年・総レッスン回数600回

・英語初心者から中級者へ(レアジョブレベル3→7)

2022年1月時点のレアジョブ受講回数とレッスン時間
この記事でわかること

①レアジョブレベル別の英語習熟度の目安は?

②レアジョブレベルはどうやって測るの?

③レアジョブレベルはどうやったら上がる?

結論

レアジョブレベルは無料体験レッスンとスピーキングテストで測定できる。

レアジョブレベルを上げるには、レッスンだけでなく足りないスキルを自分で補う勉強が必要。

レアジョブを3年継続して得られた成果の実体験は「レアジョブの効果と効果的な受け方6選|3年継続のヘビーユーザーが徹底解説」をご覧下さい。

留学せずに・お金を掛けずに英語がペラペラになりたい・・・。

ビジネス英語をマスターして、キャリアップをしたい・・・。

TOEIC(特にリスニング)のスコアを上げたい、英検の面接試験対策をして合格したい・・・。

そんな目標を叶えてくれるのが、オンライン英会話レアジョブです。

レアジョブを使えば、1日たった30分の習慣で英語がみるみる聞ける・話せるようになります。

私はオンライン英会話レアジョブでレッスンを続け、英語が話せるようになりました。

英語が話せるようになったら・・・

☑昇給・キャリアアップができる
☑転職に有利
☑海外旅行がもっと楽しめる
☑夢の海外生活が実現できる
☑外国人と話して自分の世界を広げることができる

レアジョブは毎日1レッスン月額6,380円。外食や飲み代を少し抑えるだけで捻出できます。

受講者の半分以上が全くの初心者からレアジョブをスタートしています。

2回の無料体験レッスンが受講できるので、まずは試してみましょう。

留学せずに低価格で英語がペラペラに レアジョブの無料体験はこちらから

レアジョブの無料体験レッスンの受け方は以下の記事で詳しく解説しています。

レアジョブとは

レアジョブはオンライン英会話の最大手企業です。

2007年にサービスを開始したレアジョブは、オンライン英会話業界の最古参企業の一つで、2014年には東証マザーズへに上場し、オンライン英会話業界で唯一の上場企業です。

2020年11月には東証1部に上場を果たしました。

2021年6月時点で、90万人以上の会員数、6000人以上の講師数が在籍しています。

企業研修への導入社数3,100社以上、 教育機関の導入数も300校以上と企業や学校からの評判も高いです。

講師は大卒フィリピン人であり、以下の講師の質を担保する仕組みにより、指導の質に定評があります

レアジョブの特徴一覧

講師数約6,000人
国籍主にフィリピン人
その他国籍日本人講師が在籍
(ネイティブ講師はなし)
講師の特徴・採用率1%、独自のトレーニングを積んだ講師が在籍 ・フィリピン有名大学を中心とした大卒者が在籍
・ベテランの英会話講師が多数在籍 ・認定講師のレッスンを受講可能(※ビジネスコース限定)
コース別月額料金 【日常英会話コース】
毎日25分1レッスン:6,380円(税込) 毎月25分8レッスン:4,620円(税込)
【ビジネス英会話コース】
毎日25分1レッスン:10,780円(税込)
【中学・高校生コース】
毎日25分1レッスン:10,780円(税込)
入会金無料
その他特徴 【あんしんパッケージ】(別途+月額1,078円)
・3ヵ月に1度の学習カウンセリング
・レッスン自動予約

【スピーキングテスト】
・自動採点のテストが月1回無料で受講可能
※ビジネスコース、中学・高校コースは月2回無料  

レアジョブの基本情報を手短に簡潔に知りたい方は「レアジョブの基本情報|受講550回超え現役ユーザーが簡潔に紹介」をご覧下さい。

レアジョブについて詳しく知りたい方は「レアジョブの特徴5選|レッスン500回以上の経験からサービスを徹底解説」をご覧下さい。

レアジョブレベルとは|10段階評価の英語力の目安

レアジョブレベルとは、CEFR-Jを基にした英語力を測定した尺度です。

レアジョブでは、到達度合いや教材のレベル設定で利用されています。

CEFR-Jとは、CEFR(セファール)をベースとした日本独自の新たな英語能力習熟度指標です。

レアジョブレベルと英語力、英検、TOEICスコアの目安を示すと次の通りです。

レアジョブレベルCEFR-J英語力の目安英検の目安TOEICの目安
初級レベル1A1.1英語であいさつ、御礼などがいえる5級300点~399点
初級レベル2A1.2自分や家族の簡単な紹介ができる4級400点~499点
初級レベル3A1.3身近な話題について受け答えができる3級500点~599点
中初級レベル4A2.1海外旅行に必要な英語を話せる準2級600点~649点
中初級レベル5A2.2身近なトピックで会話ができる準2級650点~699点
中級レベル6B1.1興味のあることについて、会話が続く2級700点=749点
中級レベル7B1.2詳細な説明ができ、会議に難なく参加できる2級750点~799点
中上級レベル8B2.1英語での議論や会議をリードできる準1級800点~849点
中上級レベル9B2.2流暢かつ正確な英語を話せる準1級850点~899点
上級レベル10C1ネイティブに近い英語力1級900点^990点
レアジョブレベルについてはレアジョブHPを参照

レアジョブを始める人の約70%がレベル1から3(初級)からレッスンを開始しています。

私はレベル3からスタートしましたが、最初はほとんど英語を話せませんでした。

レアジョブレベル1から3(初級)でできること

英語は勉強したことがあるけど、英会話をほとんどしたことがない人が該当するレベルです。

また大学卒業以来、英語を勉強していないという人もこちらに該当します。

初級でできることは、簡単な挨拶や自己紹介です。

しかしほとんど英語は話せないので、Yes/ No/ O.K.などの簡単な応答しかできないでしょう。

レアジョブ開始直後3ヵ月の体験談は「レアジョブを100回受講した効果は?3ヵ月の実体験からレビュー」をご覧下さい。

レアジョブレベル4から5(初中級)でできること

初中級の方は英語のテストが得意で、TOEICなどでもある程度のスコアが取れる人が該当します。

しかし、英会話の経験がほとんどないという人が多く、2から3語くらいの会話しかできないレベルになります。

こちらのレベルにある人は基礎が十分にできているので、英会話に慣れることで少しずつ英語を話すことに慣れることができるでしょう。

しかし、リスニング力やスピーキング力を自分でしっかりと鍛える必要があります。

レアジョブ初中級でできたことは「レアジョブ1年間の効果は?長期継続による体験談から徹底解説!」をご覧下さい。

レアジョブレベル6から7(中級)でできること

中級の人はかなりリスニング力も増えて、スピーキングも十分にできるレベルに到達しています。

しかし、細かな間違いや自分が言いたいことを英語で伝えることができない人が多いです。

継続的にレッスンを受講し、細かな矯正やスピーキング力の特訓が必要です。

レアジョブ中級の実体験は「レアジョブ500回受講の効果は?2年以上の実体験から徹底レビュー」で解説しています。

レアジョブレベル8から9(中上級)でできること

英会話がスムーズにできるレベルに到達しています。

このレベルになるとより自然な言い回しや表現を気にする人が多いです。

周りから英語が話せると思われているけど、そうではないと感じる人もいるでしょう。

レアジョブレベル10(上級)でできること

レアジョブレベル10はネイティブと比べても遜色ないレベルの英会話ができます。

レベル8・9からレベル10には高い壁があります。

ただし語学学習に終わりはないので、このレベルの人でもさらに上を目指して英語学習を続けている人が多いです。

レアジョブ受講者のレベル|Lv.5~6が平均

レアジョブ受講者のレアジョブレベルの平均はどれくらいでしょうか?

レアジョブ英会話に問い合わせてみたところ、レアジョブレベル5~6が多いとの回答を頂きました。

ただし、この結果は定期的に行われているスピーキングテスト一斉受験の平均データになるので注意です。

自信がある人が一斉受験を受けるので、結果は上振れする可能性が高いです。

そのため、実際に受講しているレアジョブ受講者のレアジョブレベルは3~4が多いのではないかと推測されます。

レアジョブレベルの測定方法|体験レッスンとスピーキングテストで可能

レアジョブレベルは以下の2つの方法で測定されます。

①初回無料体験レッスン1回目のレッスン

②レアジョブスピーキングテスト(レアジョブ有料会員限定)

無料体験レッスンでのレベルチェック

レアジョブでは無料体験レッスン2回とカウンセリング1回を受講できます。

初回の体験レッスンではレベルチェックが行われます。

簡単な質問が何個か講師からありますので回答していきます。

例えば、レアジョブ英会話の学習目的やどのような内容を勉強したいかなどが聞かれます。

レベルチェックで聞かれる質問について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

この会話のやり取りで、レアジョブ講師がレアジョブレベルを10段階で評価します。

レアジョブの無料体験レッスンの受け方や内容は以下の記事をご覧ください。

レアジョブのスピーキングテスト

レアジョブでは24時間受験可能なスピーキングテストが用意されています。

有料会員であれば月1回以上無料で受講できます。

このテストはPROGOS(レアジョブの100%子会社)が作成し、2020年6月からスタートしました。

スピーキングテストは自動採点システムを採用しており、以下の6つの視点を国際指標CEFRベースで6段階評価して採点してくれます。

そして総合評価としてレアジョブレベル10段階で評価が行われます。

①表現の幅(各評価:A1、A2、B1、B2、C1、C2の6段階評価)
②正確さ
③流暢さ
④やりとり
⑤一貫性
⑥音韻
総合評価:レアジョブレベル1~10

レアジョブのスピーキングテストの詳細は「レアジョブスピーキングテストの攻略法:対策とコツ【受講500回超え】」で解説しています。

レアジョブレベルの活用方法

レアジョブレベルはレッスン教材や講師を選ぶ際の基準になります。

レアジョブレベルを知って、自分に合う教材や講師を選択することで効率的に学習することができます。

レアジョブの教材と対応レベルの対応表

教材名対応レベル 教材の詳細
日常英会話3~8・実用英会話レベル3(40レッスン)
・実用英会話レベル4(40レッスン)
・実用英会話レベル5(40レッスン)
・実用英会話レベル6(90レッスン)
・実用英会話レベル7(90レッスン)
・実用英会話レベル8(60レッスン)
ビジネス英会話
※全てビジネスコース限定
3~8・実践ビジネスレベル3(30レッスン)
・実践ビジネスレベル4(60レッスン)
・実践ビジネスレベル5(60レッスン)
・実践ビジネスレベル6(60レッスン)
・実践ビジネスレベル7(60レッスン)
・実践ビジネスレベル8(80レッスン)
・実践ビジネスレベル9(80レッスン)
・実践ビジネスレベル10(70レッスン)
ディスカッション
※一部ビジネスコース限定
4~10・NHK「実践ビジネス英語」(65レッスン)※ビジネスコース限定
・ビジネスディスカッション初中級(15レッスン)※ビジネスコース限定
・ビジネスディスカッション中級(15レッスン)※ビジネスコース限定
・ウィークリーニュースアーティクル(週1更新)
・デイリーニュースアーティクル(毎日更新)
スモールトーク
※一部ビジネスコース限定
2~7・ビジネスシチュエーションクエスチョン初中級(20レッスン) ※ビジネスコース限定
・ビジネスシチュエーションクエスチョン中級(20レッスン) ※ビジネスコース限定
・カンバセーションクエスチョン初級(25レッスン)
・カンバセーションクエスチョン初中級 (65レッスン)
・カンバセーションクエスチョン中級 (90レッスン)
文法1~5 ・文法初級(25レッスン)
・文法初中級(16レッスン)
発音1~10 ・発音ベーシックサウンド(20レッスン)
オンライン英会話準備1~5 ・スターター(20レッスン)
フリーカンバセーション1~10・特に教材を指定しないレッスン ※詳細はこちら
出所 レアジョブ公式HPより作成

レアジョブレベルを活用した教材の選び方

多くの方は英語の学習目的は次のように大別できます。

①仕事で英会話が必要な方
②趣味で英会話を楽しみたい方(海外旅行、友人との会話、興味など)
③キャリア形成、留学、大学入試のために資格試験の点数を上げたい方(TOEIC、TOEFLなど)

学習目的とレベル別におすすめの教材の対応表は以下の通りです。

レアジョブ教材の選び方図表

レアジョブ教材の選び方は「レアジョブ教材の選び方|レベル・目的別おすすめ教材」で、詳しく解説しています。

レアジョブレベルを活用した講師の選び方

【レアジョブレベル1~2 超初心者向け】日本人講師がおすすめ

レアジョブレベルが1~2で、英語で25分も話せる自信がないという人は日本人講師を選ぶのがおすすめです。

レアジョブの日本人講師は以下の記事で詳しく解説しています。

レッスンに慣れてきたら、日本語が話せるフィリピン人講師にレッスンをシフトさせていきましょう。

日本語対応可能なレアジョブ講師は以下の記事で解説しています。

【レアジョブレベル3~5 初心者向け】おすすめ講師の選び方

①講師の年齢が自分の年齢と近い
②趣味が似ている
③出身学部が近い
④講師の勤務歴は短すぎず、長すぎない
⑤「初心者・初級者向け」の講師

【レアジョブレベル6~7 中級者以上】おすすめ講師の選び方

①有名大学出身の講師を選ぶ
②英会話講師経歴などの経歴をもつ講師を選ぶ
③予約したことのないタイプの講師を選ぶ

【レアジョブレベル8以上 上級者】英語力を更に高めたい人

レアジョブではなく、欧米出身ネイティブとのレッスンができる【Cambly(キャンブリー)】がおすすめ。
レアジョブとキャンブリーの比較はこちらをご覧下さい。

レアジョブ講師の選び方は「レアジョブ講師の選び方とおすすめチューターの特徴」で詳しく解説しています。

レアジョブレベルの上げ方

レアジョブレベルはスピーキングテストを受講することで、確認することができます。

オンライン英会話レッスンを効果的に受講することで、レアジョブレベルを上げることができます。

オンライン英会話の効果的な受け方5選

①レッスン前後に予習・復習を行う(知らない単語を調べておくなど)
②レベルに合った講師を選ぶ
③受講目的に沿った教材を選ぶ
④メモを準備し、レッスンで講師とたくさん会話する
⑤レッスンで足りないと感じたスキル(リスニングやスピーキング)を強化する

レッスンはもちろんのこと、自分で足りないと思ったスキルを上げることでレアジョブレベルを効率的に上げることができます。

オンライン英会話の効果的な受け方の詳細は「オンライン英会話の効果的な受け方9選【受講3年/600回の実体験から】」で詳しく解説しています。

レアジョブユーザーの方は「レアジョブの効果と効果的な受け方|3年継続のヘビーユーザーが徹底解説」をご覧下さい。

レアジョブレベルのまとめ

レアジョブレベルは無料体験レッスンとスピーキングテストで測定できる。

レアジョブレベルを上げるには、レッスンだけでなく足りないスキルを自分で補う勉強が必要。

留学せずに・お金を掛けずに英語がペラペラになりたい・・・。

ビジネス英語をマスターして、キャリアップをしたい・・・。

TOEIC(特にリスニング)のスコアを上げたい、英検の面接試験対策をして合格したい・・・。

そんな目標を叶えてくれるのが、オンライン英会話レアジョブです。

レアジョブを使えば、1日たった30分の習慣で英語がみるみる聞ける・話せるようになります。

私はオンライン英会話レアジョブでレッスンを続け、英語が話せるようになりました。

英語が話せるようになったら・・・

☑昇給・キャリアアップができる
☑転職に有利
☑海外旅行がもっと楽しめる
☑夢の海外生活が実現できる
☑外国人と話して自分の世界を広げることができる

レアジョブは毎日1レッスン月額6,380円。外食や飲み代を少し抑えるだけで捻出できます。

受講者の半分以上が全くの初心者からレアジョブをスタートしています。

2回の無料体験レッスンが受講できるので、まずは試してみましょう。

留学せずに低価格で英語がペラペラに レアジョブの無料体験はこちらから

レアジョブの無料体験レッスンの受け方は以下の記事で詳しく解説しています。

タイトルとURLをコピーしました