オンライン英会話の市場規模と業界地図|公表資料からユーザーが徹底分析

オンライン英会話

最近コロナの自粛でオンラインサービスが伸びているって聞いたけど・・・。
オンライン英会話市場ってどれくらいあるの?コロナ禍で伸びているの?

この記事ではそんなお悩みにお答えします。

私はこれまでオンライン英会話を3年ほど受講し続け、合計600回のレッスンを受講しています。

本業では業界や企業情報の分析を行っています。

そんな私が、公表資料をベースにオンライン英会話業界について解説します。

この記事でわかること

①オンライン英会話業界の市場規模と動向

②オンライン英会話の業界地図

記事の執筆者

レアジョバー
レアジョバー

・オンライン英会話レアジョブ利用歴3年・総レッスン回数600回

・英語初心者から中級者へ(レアジョブレベル3→7)

2022年1月時点のレアジョブ受講回数とレッスン時間

記事の結論

オンライン英会話の市場規模と動向

オンライン英会話の2020年度の市場規模は225億円

コロナ禍で市場規模は急成長

今後も市場規模の成長は続く見込み。

オンライン英会話のサービス比較についてもっと知りたい人は、以下の記事をご覧下さい。

オンライン英会話のビジネスについて知りたい人は、体験レッスンの受講がおすすめです。

レアジョブは2回の無料体験レッスンが受講できます。

クレジットカードの登録は不要で、レッスン後のしつこい勧誘もありません。

レアジョブの無料体験はこちらから

レアジョブの無料体験レッスンの受け方は以下の記事で詳しく解説しています。

オンライン英会話業界

2020年度のオンライン英会話の市場規模

業界別データ調査大手の矢野経済研究所によると、2020年度の語学ビジネスの市場規模は7,817億円です。

そのうち、オンライン英会話の2020年度の市場規模は225億円となっています。

なお、外国語教室の市場規模は3,110億円です。

全体でみると、まだまだオンライン英会話の市場規模は小さいといえます。

出所 矢野経済研究所HPプレスリリース「語学ビジネス市場に関する調査を実施(2021年)

オンライン英会話市場規模の推移

2015年度から2021年度までの外国語教室とオンライン英会話の市場規模を比較すると次のことがわかります。

オンライン英会話市場は2015年度は80億円で、2020年度は225億円約3倍も成長。

外国語教室の市場規模はコロナ禍で大幅減。

オンライン語学市場と外国語教室の市場規模推移

オンライン英会話と外国語教室の市場規模の推移
2015年度から2019年度のデータは株式会社レアジョブ「2021年3月期 決算説明会資料」より取得。2020年度は矢野経済研究所HPプレスリリース「語学ビジネス市場に関する調査を実施(2021年)」より取得。

コロナ禍の影響で感染拡大のリスクが低いオンライン英会話市場が大幅に増加しています。

2018年度の125億円から2020年度の225億円と大幅に成長しました。

今後も引き続き市場の成長が見込まれています。

一方で、対面型の外国語教室は大幅に減少しました。

近年では対面型の教室が非対面型レッスンの提供を増やしており、ますますオンライン語学市場の拡大が見込まれています。

オンライン英会話のビジネスモデル

オンライン英会話企業は、利用者から料金を徴収し、講師に給与を払うという体系でビジネスを展開しています。

オンライン英会話のビジネスモデル

オンライン英会話企業の収益はサービスを提供する対価であるレッスン料金です。

費用の多くは講師に対する人件費となっています。

レアジョブ講師の給料については以下の記事をご覧ください。

オンライン英会話ビジネスにおいても最も重要な経営資源は講師です。

多くの企業が質の高い講師の獲得競争をしており、講師の多様性をサービスの差別化要素として活用しています。

講師によるサービスの差別化の例

ビズメイツ
ビジネス経験のあるフィリピン人講師を採用し、ビジネス教材に特化→ビジネス英語に特化

Cambly
欧米出身のネイティブスピーカーのみを講師として採用→ネイティブ英語に特化

QQ English
TESOLの資格を持つ講師のみを採用、または採用後に取得を義務付け→教育力に特化

オンライン英会話の業界地図

オンライン英会話業界には近年多くの企業が参入しています。

唯一上場しているのはレアジョブです。

2021年3月期のレアジョブの売上高は53億円で、業界シェア20%を占めています。

その他の企業は非上場なため、正確な売上はわかりません。

レアジョブHPに掲載されているFISCO社の「2021年のアナリストレポート」によれば、

レアジョブの競合はDMM英会話ネイティブキャンプです。

両社ともオンライン英会話大手企業となっており、これら3社の業界シェアは相当高いと予想されます。

サービスの性質と料金で主要英会話企業のポジションを分析すると次の通りです。

主要なオンライン英会話企業のポジション

主要なオンライン英会話企業のポジショニング図

オンライン英会話の企業一覧は次の通りです。

主要なオンライン英会話企業一覧

売上高登録会員数特徴
レアジョブ英会話53億円
(2021年3月末)
94万人
(2021年3月末
オンライン英会話業界唯一の上場企業。東証1部に上場。月額6,380円と業界トップクラスの低価格でレッスンを提供している。講師の多くはフィリピン人講師である。ProgosなどAIを活用したスピーキングテスト、ビジネス向けのレッスンの提供に特徴がある。
DMM英会話100万人
(2021年8月末)
ネイティブを含む世界中の講師といつでもレッスンを受講可能。月額6,480円から利用可能で、ネイティブとのレッスンは月額15,800円。教材も豊富で、とても人気のあるオンライン英会話の1つ。
ネイティブキャンプ80万人
(2021年11月)
ネイティブキャンプは月額6,480円でレッスン受け放題と圧倒的にコスパの高いサービスを提供。世界中の講師が在籍している。カランメソッドなど特徴あるレッスンを提供している。ただし、予約に追加料金がかかるので注意。
QQ English13万人(2017年パンフレットフィリピンのセブ島に拠点を置くオンライン英会話会社。講師が全員正社員で、TESOLという英語教授法の資格を有している。コールセンターからレッスンが提供されるので通話品質も高い。ただし、毎日レッスンは月額10,648円とその他サービスよりも高め。
ビズメイツ非公表フィリピンに拠点を置くビジネス英語に特化したオンライン英会話サービス。講師全てがビジネス経験を有する正社員という特徴がある。厳選されたカリキュラムでレッスンが進むので、学習に迷わない。ただし、月額13,200円と料金は高め。
【Cambly(キャンブリー)】日本を含む世界130か国以上に100万人以上のユーザー欧米出身者のネイティブスピーカーと24時間レッスンを受講可能。レッスンの録画機能もあり、復習にも良い。ネイティブとレッスンをしたい英語上級者に最適のサービス。しかし、月額料金は他に比べてかなり高め。

これら6社のオンライン英会話サービスの比較をもっと知りたい人は以下の記事をご覧下さい。

レアジョブ

レアジョブ公式HPより

レアジョブはオンライン英会話の最大手企業の1つです。

2007年にサービスを開始しています。

2014年に東証マザーズ、2020年11月に東証1部に上場し、業界で唯一の上場企業です。

レアジョブの基本情報一覧

会社名株式会社レアジョブ
上場区分東証一部上場
サービス開始2007年
講師の出身国フィリピン
在籍講師数約6,000人
レッスン時間1レッスン25分
レッスン予約可能時間06:00~25:00まで(5分前まで予約可)
人気コース料金毎日1レッスン月額6,380円(税込)(1レッスン当たり200円~)
無料体験レッスン体験レッスン2回&カウンセリング1回

レアジョブの概要は「レアジョブの基本情報|受講550回超え現役ユーザーが簡潔に紹介」をご覧下さい。

レアジョブのサービスの特徴は「レアジョブの特徴5選|レッスン500回以上の経験からサービスを徹底解説」で詳しく解説しています。

レアジョブ公式HPはこちら

DMM英会話

DMM英会話公式HPより

DMM英会話は低価格で多国籍の講師と質の高いレッスンを受講できる人気のオンライン英会話です。

プラスネイティブプラン(月額15,800円)に加入すれば、ネイティブとのレッスンも可能です。

教材も豊富で人気のオンライン英会話の1つです。

DMM英会話の基本情報一覧

会社名DMM Group
上場区分非上場
サービス開始2013年
講師の出身国120ヵ国
在籍講師数約10,000人
レッスン時間1レッスン25分
レッスン予約可能時間24時間15分前まで予約可)
人気コース料金毎日1レッスン月額6,480円(税込)(1レッスン当たり200円~)
無料体験レッスン体験レッスン2回

DMM英会話公式HPはこちら

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ公式HPより

ネイティブキャンプは月額6,480円で、レッスン受け放題と圧倒的な料金体制で人気のオンライン英会話です。

また、100ヵ国の多国籍講師が在籍しておりネイティブとのレッスンも可能です。

レッスン予約やネイティブとのレッスンには追加料金が掛かりますが、レッスン受け放題はネイティブキャンプのみのサービスです。

ネイティブキャンプの基本情報一覧

会社名株式会社ネイティブキャンプ
上場区分非上場
サービス開始2015年
講師の出身国100ヵ国
在籍講師数約12,000人
レッスン時間1レッスン25分
レッスン予約可能時間24時間10分前まで予約可)
人気コース料金レッスン受け放題月額6,480円(税込)
無料体験レッスン1週間無料

ネイティブキャンプの公式HPはこちら

QQ English

公式HPより

QQ Englishはフィリピンのセブ島を拠点に英会話サービスを提供しています。

社員は全て正社員で、 TESOLという英語教授法の資格を有しているため講師の質の高さに定評があります。

またコールセンターからレッスンを提供しているため、通話品質も高いです。

毎日1レッスンは月額10,648円と高めですが、質の高いレッスンを受けたいという人におすすめのサービスです。

QQ Englishの基本情報一覧

会社名株式会社QQ English
上場区分非上場
サービス開始2009年
講師の出身国フィリピン
在籍講師数約1,300人
レッスン時間1レッスン25分
レッスン予約可能時間24時間
人気コース料金月30回レッスン 月額10,648円(税込)
無料体験レッスン体験レッスン2回

QQ Englishの公式HPはこちら

ビズメイツ

公式HPより

ビズメイツはビジネス英語に特化したオンライン英会話サービスを提供しています。

講師は正社員で全員がビジネス経験を有しています。

カリキュラムもビジネス英語に特化されており、教材に迷うことなくレッスンを受講できます。

ビズメイツの基本情報一覧

会社名ビズメイツ株式会社
上場区分非上場
サービス開始2012年
講師の出身国フィリピン
在籍講師数約1,500人
レッスン時間1レッスン25分
レッスン予約可能時間05:00~25:00(開始5分前まで)
人気コース料金毎日1レッスン 月額13,200円(税込)
無料体験レッスン体験レッスン1回

ビズメイツ公式HPはこちら

Cambly(キャンブリー)

Camblyはネイティブとのレッスンに特化したオンライン英会話です。

アメリカ、イギリス、オーストラリアなど欧米出身のネイティブとレッスンが可能です。

料金は高めですが、ネイティブと質の高いレッスンをしたい英語上級者には大変おすすめのサービスです。

Camblyの基本情報一覧

会社名Cambly Inc.
上場区分非上場
サービス開始
講師の出身国米国、カナダ、英国、オーストラリアなどを中心とした多国籍
在籍講師数約10,000人
レッスン時間1レッスン15分、30分、60分
レッスン予約可能時間24時間
人気コース料金【1日30分週7回コース】28,990円(税込)
無料体験レッスン無料体験1回(15分レッスン)
※Camblyのアカウント登録後、レッスン予約
をすることで無料体験が1回可能

Cambly公式HPはこちら

オンライン英会話の雄レアジョブの業績は|右肩上がりに成長中

レアジョブは上場会社のため決算情報が公開されています。

大手のレアジョブの売上高推移をみることで、オンライン英会話サービスの普及がどれくらい進んでいるのか確認できます。

レアジョブの売上高推移

レアジョブの有価証券報告書からデータを取得して作成

10年前は数億円の売上高でしたが、直近の2021年3月期には53億円の売上高と大きく成長しています。

これまでの年平均売上高成長率は約40%と非常に高い成長率を誇っています。

過去5年間の年平均成長率も約20%とかなり高いです。

このことからもオンライン英会話業界は急成長している分野といえそうです。

では、レアジョブは事業で利益を出しているのでしょうか?

レアジョブの営業利益、経常利益、当期純利益の推移

レアジョブの有価証券報告書からデータを取得して作成

利益の推移をみると、2012年と2013年の当期純利益は赤字となっていますが、それ以降は全ての利益でプラスとなっています。

2021年は過去最高益で、当期純利益は約4億円となっています。

2021年の当期純利益率は7.3%で高い収益率を誇っています。

営業利益は本業で得た儲けを表す利益です。

経常利益は財務・金融活動を含む企業の正常な収益力を表す利益です。

当期純利益は最終的な成果を表す利益です。

利益は黒字でも、実際に現金の裏付けがないと倒産する可能性があります。

特に新興企業を分析する際にはこうした現金の収支(キャッシュ・フロー)をみることが重要です。

レアジョブのキャッシュ・フローの推移

レアジョブの有価証券報告書からデータを取得して作成

レアジョブのキャッシュ・フローをみると、営業活動によるキャッシュ・フローは順調に増加しており、2021年は過去最高の10億円となっています。

投資活動によるキャッシュ・フローはマイナスで、果敢にビジネス拡大を狙った投資を行っている様子が伺えます。

財務活動はプラスで、2010年初頭は資金調達を行って設備投資を積極的に行っているようです。

最近は、営業キャッシュ・フローの伸びが大きく、それによって設備投資がまかなえているようです。

全体としてオンライン英会話の雄であるレアジョブの業績は好調であることがわかりました。

オンライン英会話業界のまとめ

オンライン英会話の市場規模と動向

オンライン英会話の2020年度の市場規模は225億円

コロナ禍で市場規模は急成長

今後も市場規模の成長は続く見込み。

オンライン英会話のレアジョブは市場シェア約20%を獲得している。

レアジョブの業績は好調で、2021年は過去最高益となっている。

その他大手は、DMM英会話ネイティブキャンプである。

オンライン英会話業界についてもっと知りたい人は、大手のサービス比較記事をご覧下さい。

これら6社のオンライン英会話サービスの比較をもっと知りたい人は以下の記事をご覧下さい。

オンライン英会話のビジネスについて知りたい人は、体験レッスンの受講がおすすめです。

レアジョブは2回の無料体験レッスンが受講できます。

クレジットカードの登録は不要で、レッスン後のしつこい勧誘もありません。

レアジョブの無料体験はこちらから

レアジョブの無料体験レッスンの受け方は以下の記事で詳しく解説しています。

タイトルとURLをコピーしました