オンライン英会話の効果的な受け方9選【受講3年/600回の使い方から】

オンライン英会話

・オンライン英会話で勉強すれば英語力は本当に上がるの?

・成果を早く感じるための、効果的な受け方ってあるの?

オンライン英会話を検討中・受講中の方はこのような疑問をお持ちかと思います。

実際にオンライン英会話の口コミをみていくと、効果があったというものもあれば、効果がないという口コミも散見されます。

オンライン英会話のレッスンをただ受けるだけでは効果が薄く、思うように英語力の向上しません。

そのため、正しいレッスンの準備・受け方を知っておくことは非常に大切です。

この記事ではオンライン英会話ヘビーユーザーの私が、効果的な受け方と使い方について徹底解説します。

記事の執筆者

レアジョバー
レアジョバー

・オンライン英会話利用歴3年・総レッスン回数600回

・英語初心者から中級者へ(レアジョブレベル3→7)

オンライン英会話の効果的な受け方9選

①レッスン前後に予習・復習を行う(知らない単語を調べておくなど)
②レベルに合った講師を選ぶ
③受講目的に沿った教材を選ぶ
④メモを準備し、レッスンで講師とたくさん会話する
⑤レッスンで足りないと感じたスキル(リスニングやスピーキング)を強化する
⑥英語に慣れたらディスカッション教材を使う
⑦レッスン回数を増やす
⑧定期的にレベルチェックを行う
⑨実際に英語を話す機会を設ける

留学せずに・お金を掛けずに英語がペラペラになりたい・・・。

ビジネス英語をマスターして、キャリアップをしたい・・・。

TOEIC(特にリスニング)のスコアを上げたい、英検の面接試験対策をして合格したい・・・。

そんな目標を叶えてくれるのが、オンライン英会話です。

オンライン英会話ヘビーユーザーおすすめのサービス6社は以下の記事でご紹介しています。

オンライン英会話とは

オンライン英会話とはインターネットを通じて世界中の講師から英語を学ぶ学習サービスです。

2000年代からサービスを提供する企業が登場し、現在では30社以上の企業が存在しています。

オンライン英会話はその便利さと価格の安さから利用者が右肩上がりに増えています。

オンライン英会話には利用者にとってメリットが大きく、特に価格の安さ(およそ月6,000円で毎日レッスン)で人気が高いです。

オンライン英会話のメリット

①価格が安い

②英会話講師と1対1でレッスンができる

③場所や時間を選ばずレッスンを受けられる

④講師を自分で選べる

⑤カリキュラム(教材)を自分で選べる

私はレアジョブでオンライン英会話を初めて、3年間継続しています。

レアジョブにした理由は、大手のオンライン英会話で、料金が安くでサービスが充実していたためです。

実際に、講師の質も高く、今でも楽しくレッスンが継続できています。

私が受講しているレアジョブの特徴については「レアジョブの特徴5選|レッスン500回以上の経験からサービスを徹底解説」で解説しています。

オンライン英会話の効果的な受け方・使い方9選

どのようにオンライン英会話を活用すると成果が出やすいのでしょうか?

600回の受講経験から得たオンライン英会話の効果的な受け方についてご紹介します。

オンライン英会話の効果的な受け方・使い方9選

①レッスン前後に予習・復習を行う(知らない単語を調べておくなど)
②レベルに合った講師を選ぶ
③受講目的に沿った教材を選ぶ
④メモを準備し、レッスンで講師とたくさん会話する
⑤レッスンで足りないと感じたスキル(リスニングやスピーキング)を強化する
⑥英語に慣れたらディスカッション教材を使う
⑦レッスン回数を増やす
⑧定期的にレベルチェックを行う

⑨実際に英語を話す機会を設ける

①レッスン前後に予習・復習を行う

レッスン前には知らない単語や表現の意味をしっかり予習しておくことが大切です。

多くのオンライン英会話の1レッスンは約25分と短い時間しかありません。

レッスン時間を無駄にしないためにも、わからない単語は調べるなど予習をしておきましょう。

復習は記憶の定着に非常に有効です。

レッスン後、先生に指摘された間違いなどをメモしてまとめておきましょう。

就寝前や翌日の朝にメモをもう一度見返し、次のレッスンでどのように対処していくかイメージしておくことが大切です。

②レベルに合った講師を選ぶ

自分の英語の学力レベルに合った講師を選ぶことでレッスンを効果的に受講することができます。

初心者の方は、初心者とのレッスンに慣れた先生を選ぶのがおすすめです。

中級者以上の人は英語を話すスピードが速い先生を選ぶことで、英語力をより高めることができます。

講師の選び方

英検4級・5級レベル→超初心者向け講師
英検3級レベル→初心者向け講師
英検2級以上→中級者向け講師

超初心者向け講師(英検4・5級レベル)

超初心者向け講師は、日本語が話せる講師がオススメです。

オンライン英会話レアジョブでは、日本語対応可能な講師が在籍しています。

追加料金なしに受講できるので、超初心者には大変オススメです。

レアジョブの日本語対応可能な講師の詳細は 詳しくは、「【超初心者におすすめ】日本語が話せる初級者向けのレアジョブ講師」をご覧下さい。

外国人とのレッスンは緊張するという方もいらっしゃると思います。

そんな方には英語を話せる日本人講師とレッスンができるオンライン英会話がおすすめです。

オンライン英会話大手のレアジョブ英会話DMM英会話ネイティブキャンプでは日本人講師とのレッスンが可能です。

日本人講師が予約できるオンライン英会話のおすすめランキングは次の通りです。

おすすめ順位サービス名月額料金日本人講師の予約に必要なもの日本人講師の1レッスン料金在籍講師
第1位DMM英会話6,480円~~ プラスネイティブプランへの加入
(月額16,590(税込み)
1レッスン当たり料金
510円
ネイティブを含む130ヵ国の講師
第2位ネイティブキャンプ 6,480円 400コイン
(月額料金に追加でコインを購入する必要)
1レッスン追加料金
800円
【※月額料金に加えて必要】
ネイティブを含む120ヵ国の講師
第3位レアジョブ英会話 4,620円~ レッスンチケット3枚
(月額料金に追加で購入する必要)
1レッスン追加料金
1,500円~2,000円
【※月額料金に加えて必要】
フィリピン人

日本人講師の1レッスン当たりの料金が安いのはDMM英会話となります

DMM英会話で日本人講師を予約するにはプラスネイティブプラン(月額16,590円)への加入が必要となります。

日本人講師と毎日レッスンを受けたい方には大手の中で最も安い料金となります。

各社の日本人講師の料金のまとめ

・日本人講師のレッスンを毎日受けたい人はDMM英会話が最安(1レッスン500円)

・月に何度か日本人講師のレッスンを受けたい人はネイティブキャンプの方が安い(1レッスン追加料金800円)

・レアジョブの日本人講師のレッスンは現在のところ割高(1レッスン追加料金1,500円~2,000円)

初級者向け講師(英検3級レベル)

ゆっくり話してくれればある程度英語がわかる初級者は、初心者対応講師を選択するのがオススメです。

初心者対応講師は丁寧にゆっくり指導するようにトレーニングを受けており、初級者にとって聞き取りやすく話してくれます。

レアジョブ英会話では初心者マークの付いた講師が初心者向け講師になります。

レアジョブの初心者向け講師の探し方の詳細は「【レベル別】レアジョブ講師の選び方とおすすめチューターの特徴」をご覧下さい。

中級者向け講師(英検2級以上)

オンライン英会話に慣れてきてある程度会話がスムーズにできる中級者は、これまでレッスンを受けたことのないタイプの講師からレッスンを受けることが効果的です。

触れたことのない話題やコミュニケーションの方法をレッスンを通じて学ぶことができ、表現の幅を広げることができます。

また有名大学出身者を選択すると、他の講師と違って英語を話すスピードが速く英語力の向上に役立ちます。

レアジョブの中級者向け講師の探し方の詳細は「【レベル別】レアジョブ講師の選び方とおすすめチューターの特徴」をご覧下さい。

よりレベルの高い講師とのレッスンを受講したい人はネイティブとレッスンができるオンライン英会話を選択するのがおすすめです。

ネイティブとレッスンできるおすすめオンライン英会話一覧

月額料金講師の国籍無料体験レッスンレッスン時間
第1位
【Cambly(キャンブリー)】
30分週3回 14,390円
30分週5回 20,990円
アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど1回24時間
第2位
DMM英会話
毎日1レッスン 16,590円欧米、アジア、中東、アフリカなど2回24時間
第3位
ネイティブキャンプ
6,480円(ネイティブ講師は1レッスンごとに1,000円が追加)欧米、アジア、中東、アフリカなど7日間24時間

ネイティブとレッスンできるおすすめ第1位は【Cambly(キャンブリー)】です。

キャンブリーは欧米出身者を中心としてネイティブに特化したオンライン英会話です。

料金は高めになりますが、質の高いネイティブ講師とレッスンしたい人は非常におすすめです。

レッスンのビデオ録画機能もついているので、自分の話した内容を振り返ることができます。

Camblyの無料体験はこちら

・レアジョブとキャンブリーの比較は「【比較】レアジョブとCambly(キャンブリー)どっちがおすすめ?」で解説しています。

おすすめ第2位はDMM英会話です。

DMM英会話にはネイティブコースがあり、月額16,590円で毎日1回ネイティブ講師と1対1のレッスンが受けられます。

この料金はネイティブ講師とレッスンできるオンライン英会話の中でも破格です。

ただし、講師の質の面で気になる口コミもあるため第2位としています。

DMM英会話の無料体験はこちら

・レアジョブとDMM英会話の比較は「【比較】レアジョブとDMM英会話どっちがおすすめ?利用者がわかりやすく解説!」で解説しています。

第3位はネイティブキャンプです。

ネイティブキャンプは月額6,480円でレッスン受け放題という破格のサービスを提供しています。

ネイティブとのレッスンは「コイン」の購入が必要で、1レッスン約1,000円ほどします。

ネイティブとのレッスンを中心にしたいという方には割高となります。

月に数回だけネイティブとレッスンをするという方にはとてもおすすめのオンライン英会話です。

ネイティブキャンプの無料体験はこちら

③受講目的に適した教材を選ぶ

英語の学習目的についてのアンケート調査からみると大きく4つの目的があるようです。

①仕事で英語を使うため
②海外旅行や趣味(日常英会話力向上のため)
③資格試験対策のため
④留学のため

これらのうち、自分が最も優先する目的を決め、適した教材を選択してレッスンを受講しましょう

オンライン英会話レアジョブの目的別教材の選び方の詳細については、「【レッスン500回受講者の】レアジョブ教材の選び方:レベル・目的別おすすめ教材」をご覧下さい。

なお、レアジョブに慣れてきた方は、ディスカッション教材に挑戦することをオススメします。

レアジョブのディスカッション教材「デイリーニュースアーティクル」については「レアジョブおすすめ教材:デイリーニュースアーティクルの活用方法」をご覧下さい。

④メモを準備し、レッスンで講師と「とにかく」会話する

レッスンを受動的に受けるのではなく、積極的に発言をしていきましょう

言いたくてもすぐに出てこない表現は、レッスン中にメモをしておきましょう。

レアジョブのレッスンルームではレッスンメモ機能があるので、キーボードですぐにメモをすることができ便利です。

表現しないとどうしても会話ができない場合は、google翻訳を使う、googleで写真を検索して講師に送るなどして対応しましょう。

講師と積極的に話すためには、ディスカッション教材が非常にオススメです。

ディスカッション教材であれば、対話によってレッスンが進んでいくので、自分の意見を英語で話す訓練をたくさん積むことが可能です。

レアジョブにはデイリーニュースアーティクルウィークリーニュースアーティクルというディスカッション教材があります。詳細はリンクをご参照下さい。

⑤レッスンで足りないと感じたスキル(リスニングやスピーキング)を強化する

レッスンだけを受けるだけでは成果を早く得ることは難しいです。

レッスンを重ねていくと自分に足りない英語スキルに気づきます。

私はオンライン英会話を始めたばかりはリスニング力を改善する必要があると感じました。

レッスン以外で、リスニング力を高めるために「ディクテーション」で自主学習を行いました。

実際にディクテーションをすることで、オンライン英会話で先生の英語をかなり聞き取れるようになりました。

ディクテーションと相性の良いオンライン英会話は「ディクテーションと相性の良いオンライン英会話5選|リスニング強化に効果大」でご紹介しています。

オンライン英会話初心者の方で英文法に不安がある方はまずは総復習することがおすすめです。

英会話を意識した文法書は「英語のハノン(初級)」がおすすめです。

英語のハノンでは基本的な英文法の学習をしながら、英文を瞬時に思い浮かべる訓練をすることができます。

英語のハノンの口コミや評判については「英語のハノンの口コミと評判は?リスニングとスピーキングに効果あり」でご紹介しています。

⑥英語に慣れたらディスカッション教材を使う

多くの人は、受講目的に応じて「日常英会話」や「ビジネス英語」といった教材を使用していると思います。

しかし、そうした教材は説明にレッスンの大半の時間が使われるので意外に時間対効果が低いです。

そこで、ディスカッション教材がおすすめです。

ディスカッション教材を使えば、英語を話す時間が大幅に増えますよ。

ディスカッションのテーマとしてはニュース教材が用いられることが多いです。

ディスカッション教材のあるオンライン英会話サービスのランキング表

オンライン英会話サービスディスカッション教材更新頻度難易度リスニング機能アプリ教材公式
ページ
第1位レアジョブデイリーニュースアーティクル
ウィークリーニュースアーティクル
毎日
週1
中級、上級有りレアジョブアプリでリスニング可デイリーニュースアーティクル
ウィークリーニュースアーティクル
第2位Weblio英会話Weblio Weekly毎日初級、中級、上級有りアプリ無しWeblio Weely
第3位DMM英会話デイリーニュース(初級、中級、上級)毎日初級、中級、上級無しアプリ無しデイリーニュース
第4位ネイティブキャンプデイリーニュース毎日初級、中級、上級無しアプリはあるが、リスニング機能は無しデイリーニュース
第5位産経オンライン英会話Plusニュースディスカッション (初級、中級、上級)月2回初級、中級、上級無しアプリ無しニュースディスカッション

ディスカッション教材が充実しているレアジョブの無料体験はこちらから

レアジョブ英会話

ニュース教材が充実しているオンライン英会話は「ディクテーションと相性の良いオンライン英会話5選|リスニング強化に効果大」で紹介しています。

⑦レッスン回数を増やす

レッスン回数は効果を上げる重要なファクターです。

英語を習得するには、高校・大学卒業後に約2,000時間の勉強が必要といわれています。

そのため、レッスン回数を増やし、加えて予習・復習を徹底することが大切です。

毎日1レッスンは難しいですが、平日は受講するなどレッスンを増やすことが大切です。

レッスン継続期間と英語学習時間

レッスン合計時間毎日25分レッスン週5で25分レッスン週3で25分レッスン
3ヵ月後37.5時間25時間15時間
6ヵ月後75時間50時間30時間
1年後150時間100時間60時間
2000時間に必要な期間13.3年20年33.3年

英語習得に必要な期間については「英語習得の時間・期間とオンライン英会話のコスパが高い理由3選」をご覧下さい。

⑧定期的にレベルチェックを行う

オンライン英会話を初めて、自分がどの習熟度にあるのか定期的にチェックすることが大切です。

オンライン英会話サービスの中にはスピーキングテストなどのレベルチェックができるので、定期的に受講しましょう。

そして、現時点でどのようなスキルが足りていないのかを把握し、伸ばすことが大切になります。

スピーキング力を測るにはPROGOSアプリがおすすめです。

PROGOSアプリを使えば、自動採点型のスピーキングテストが無料で受けられます。

PROGOSアプリについては以下の記事で詳しく解説しています。

⑨実際に英語を使う機会をつくる

学習モチベーションを維持し、高めるためにも実際に英語を使う機会を設けるのが良いです。

英語を使う機会をつくる方法

①社内の英語会議や英語コンペに積極的に参加する

②海外旅行に出かける

③対面で英会話が気楽にできる英会話カフェを利用する

私は社内の英語コンペに機会があれば年に数回は参加するようにしています。

これまでの学習で不足しているところや反省点がみえてきてモチベーションの向上につながります。

コロナ禍で海外に行ける機会が減ってきています。

最近は日本で外国人と気軽に話せる英会話カフェLanCulのサービスが人気です。
今なら、英会話カフェとオンライン英会話が毎日使い放題で2,980円/月(税抜)から試せるキャンペーンを実施中です。

各店舗・オンライン店舗で先着200名様まで、初めての方限定になっています。

オンライン英会話の効果は?|効果を実感するには1年必要

オンライン英会話利用者が感じたレッスン効果を得るのに必要な期間

平均的にどれくらいの学習期間でオンライン英会話の効果を実感している人が多いのでしょうか?

twitterでオンライン英会話でどれくらいで学習したら効果を明確に感じたかをアンケートを実施しました。

結果はこちらです。

オンライン英会話で効果を感じた期間についてのアンケート調査結果
2021年9月27日から29日にかけてtwitterでアンケートを実施。17人から回答を得た。
情報ソース:https://twitter.com/rarejober/status/1443191597139566600
結果まとめ

・効果を感じた期間で最も多いのは1年以上
・約70%の人はンライン英会話の効果を実感するのに6ヵ月以上掛かっている。

この結果からもオンライン英会話で英語力の向上を感じるには長い期間が必要であることがわかります。

オンライン英会話の効果|3年受講の私の実体験

結論からいうと、オンライン英会話の学習効果は非常に高いです。

レッスンをしっかり継続することで大きな成果が感じられます。

これまでの受講によって次のような効果がありました。

開始直後:レベル3【初級】 → 1年後:レベル5【初中級】 → 2年後:レベル6【中級】
→2年半後:レベル7【中級】

レアジョブのスピーキングテストの結果

オンライン英会話を初めて2年で初級レベルから中級レベルまで成長しました。

オンライン英会話を初めて1年で効果を明確に実感しました。

下の図は私のオンライン英会話でのレッスンの合計回数を示しています。

開始1年でレベル3(英検3級レベル)からレベル5(英検準2級レベル)まで成長していることがわかります。

また、開始2年でレベル6(英検2級レベル)、開始2年半でレベル7(英検2級レベル)と順調に英会話力が向上しています。

レッスン開始3ヵ月、毎日25分のレッスンで効果を少し感じることもできました。

詳細は「オンライン英会話を3ヵ月継続した効果は?初心者受講者の実体験」をご覧下さい。

オンライン英会話の効果を得るには習慣化が大切

オンライン英会話の学習効果は短期間で得ることは非常に難しいです。

なぜなら、英語習得には学校以外で2,000時間以上の学習時間が必要なためです。

そのため、レッスンの受講を長期的に継続するために、習慣化することが大切になります。

英語習得に要する期間の詳細については「英語習得の時間・期間とオンライン英会話のコスパが高い理由3選」をご覧ください。

習慣化するためのコツ

①レアジョブ英会話をする日時場所固定する
②将来どのようなメリットが得られるかを明確にする
③まずは1日1回レアジョブレッスンを受けてみる
④身近な英会話仲間(Twitterを活用)をつくり、学習の進捗状況を報告しあう

習慣化のコツの詳細は「【続かない方必見】オンライン英会話を習慣化し、継続するための4つの方法」でまとめています。

オンライン英会話の成果を早期に感じるための効果的な受け方

オンライン英会話のレッスンはアウトプット学習が中心となります。

そのため、英語力の基礎を高めるためのインプット学習は非常に重要です。

英語を習得するための目標学習時間は2,000時間でした。

レッスン前後に予習・復習・インプット学習を60分行ったとして、2,000時間の勉強時間確保に必要な期間をもう一度算定してみましょう。

このように、レッスン前後において予習・復習・インプット学習をしっかり行うことで英語取得に必要な目標期間を大幅に減らせます。

つまり、レッスン効果を早期に感じるためには予習・復習・インプット学習といった自習が非常に大切になります。

オンライン英会話のための単語学習

これまでの英語学習で英単語に取り組んできた人はたくさんいると思います。

しかし、英会話のための単語学習をしてきた人は少ないのではないでしょうか。

英会話に特化した単語帳で学習することで、英会話力を効果的に鍛えることができます。

英会話学習を長年続けてきた中でおすすめの単語帳は以下の7つです。

おすすめ英単語帳の詳細は以下の記事でご紹介しています。

オンライン英会話のためのおすすめ英文法学習法

また、英文法にあまり自信がない方は、英文法の学習を優先的に行うことがオススメです。

なぜなら英文法は英語を話すための基礎であり、英語学習の効率を爆上げしてくれるためです。

英文法の優れた書籍がたくさんありますので、英会話のための英文法を自主学習するのがオススメです。

おすすめ参考書「英語のハノン 初級 ――スピーキングのためのやりなおし英文法スーパードリル」

英語のハノン 初級 スピーキングのためのやりなおし英文法スーパードリル [ 横山 雅彦 ]
良い点

・会話のための英文法の活用方法について学習ができる
・英文法を使った会話の組み立て方の訓練ができる
・コンパクトにまとめられていて持ち運びやすい

悪い点

・会話訓練がメインなので、隙間時間でするにはハードルが高い

英語のハノンの口コミについては「英語のハノンの口コミと評判は?リスニングとスピーキングに効果あり」で詳しく解説しています。

おすすめ参考書「キク英文法」

良い点

・ネイティブが使う例文が豊富
・高校まで学習する文法がほぼ網羅されている。
・持ち運びにも便利

悪い点

・解説が薄いところがある
・学び直しにはいいが、完全な初心者には難しい

オンライン英会話のためのおすすめリスニング学習方法

代表的なリスニングの勉強方法は次の通りです。

リスニングの代表的な勉強方法

①ヒアリング
②音読
③ディクテーション
④シャドーイング

この中でも、手軽に学習できる上に効果の高いディクテーションがオススメの勉強方法です。

概要手軽さ
面倒(☆) ↔ 手軽(☆☆☆)
効果
小(☆) ↔ 大(☆☆☆)
ヒアリング英語をひたすら聞くという勉強方法☆☆☆
音読英語の文章を実際に声に出して読むという勉強方法☆☆☆☆
ディクテーション英語の音声を聞きながら、流れてくる英語を書きとる勉強方法☆☆☆☆☆
シャドーイング聞こえた音声を2、3語遅れて、追いかけて発声していく勉強方法☆☆☆

ディクテーションとは、英語の音声を聞きながら、流れてくる英語を書きとる勉強方法です。

ディクテーションはポピュラーなリスニングの勉強方法ですが、実際にかなりの効果があると実感しています。

さらにオンライン英会話を組み合わせることで劇的にリスニング力を向上できます。

ディクテーションはアプリなどでも簡単に勉強をすることができます。

おすすめの無料アプリは「ディクトレ」です。

ディクトレやその他のディクテーション用のアプリについては、「オンライン英会話のためのディクテーションアプリ3選|リスニング力向上」をご覧ください。

ディクトレの解説動画はこちら

英語リスニング学習アプリ「ディクトレ」解説動画

オンライン英会話のためのおすすめスピーキング学習方法

スピーキング力を高めるためには、自分の言いたい英語のフレーズが言葉として出てくるように日頃から訓練する必要があります。

スピーキングの学習方法(手軽さと効果を★3段階評価)

①フレーズ集のインプット (手軽さ:★★★ 効果:★)
②音読          (手軽さ:★ 効果:★★)
③シャドーイング     (手軽さ:★ 効果:★★★)
④英語チャット      (手軽さ:★★ 効果:★★★)
⑤英語日記        (手軽さ:★★★ 効果:★★★)

スピーキングの学習方法としては、シャドーイング、英語チャット、英語日記がオススメです。

特に英語日記は費用も掛からず手軽にできます!

スピーキングの学習方法の詳細については「英語が話せない|原因とスピーキングの学習方法5選」をご覧下さい。

オンライン英会話の効果的な受け方9選のまとめ

オンライン英会話の効果的な受け方は次の通りでした。

オンライン英会話の効果的な受け方9選

①レッスン前後に予習・復習を行う(知らない単語を調べておくなど)
②レベルに合った講師を選ぶ
③受講目的に沿った教材を選ぶ
④メモを準備し、レッスンで講師とたくさん会話する
⑤レッスンで足りないと感じたスキル(リスニングやスピーキング)を強化する
⑥英語に慣れたらディスカッション教材を使う
⑦レッスン回数を増やす
⑧定期的にレベルチェックを行う

⑨実際に英語を話す機会を設ける

留学せずに・お金を掛けずに英語がペラペラになりたい・・・。

ビジネス英語をマスターして、キャリアップをしたい・・・。

TOEIC(特にリスニング)のスコアを上げたい、英検の面接試験対策をして合格したい・・・。

そんな目標を叶えてくれるのが、オンライン英会話です。

私はレアジョブ英会話でレッスンを続け、英語が話せるようになりました。

レアジョブの効果
英語が話せるようになったら・・・

☑昇給・キャリアアップができる
☑転職に有利
☑海外旅行がもっと楽しめる
☑夢の海外生活が実現できる
☑外国人と話して自分の世界を広げることができる

レアジョブの詳しい特徴は以下の記事で解説しています。

レアジョブ以外にもたくさんオンライン英会話企業があります。

その中でも質が高いおすすめのオンライン英会話サービスは以下の記事で解説しています。

詳しくは「【厳選6社】オンライン英会話比較|おすすめサービスについて徹底解説」で解説しています。

月2000円から始められるオンライン英会話は「【2022年最新版】月額2000円で始められるオンライン英会話の一覧|コスパ抜群」でご紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました