ディクテーションと相性の良いオンライン英会話5選|リスニング強化に効果大

レアジョブと他社比較

・会話で英語が全然聞き取れない
・リスニング力を効果的に鍛えられるオンライン英会話ってあるの?

英語のリスニングはとても難しいですよね。

私も英語をなかなか聞き取れずに悔しい思いを重ねてきました。

実際、英語でコミュニケーションを取るためにはリスニング力はとても大切です

私はこれまでオンライン英会話レアジョブのレッスンを600回近く受講してきました。

始めたばかりの時は、講師が話す英語を聞き取れませんでしたが、ディクテーションをしてからは、英語が少しずつ聞き取れるようになりました。

オンライン英会話を継続した結果、英語のプレゼンや質疑応答ができるまでに英会話力が向上しました。

本日は、ディクテーションで効果的にリスニング力を鍛えながら、レッスンを受講できるオンライン英会話5選をご紹介します。

記事の執筆者

レアジョバー
レアジョバー

・レアジョブ利用歴3年・総レッスン回数600回

・英語初心者から中級者へ(レアジョブレベル3→7)

2022年1月時点のレアジョブ受講回数とレッスン時間
ディクテーションと相性の良いオンライン英会話

第1位 レアジョブ

第2位 Weblio英会話

第3位 DMM英会話

第4位 ネイティブキャンプ

第5位 産経オンライン英会話Plus

その他おすすめのオンライン英会話は「【厳選6社】オンライン英会話比較|おすすめサービスについて徹底解説」で解説しています。

第1位のレアジョブはリスニング力をまず鍛えたい英会話初心者の方にとてもおすすめのオンライン英会話です。

初心者におすすめの理由については「レアジョブはオンライン英会話初心者におすすめか?」で解説しています。

レアジョブ無料体験はこちらから

レアジョブキャンペーン情報

最新キャンペーン情報は入会前に「レアジョブのお得な割引・キャンペーンコード」でチェック!

なぜ英語が聞き取れないのか?

まず、なぜ英語のリスニングができないのかその理由を明確にしておきましょう。

リスニングができない理由3選

①英語の発音と意味を知らない
②英語の意味は知っているが、発音がわからない・間違って覚えている
③英語の意味と発音はわかるが、英語の音声変化(リエゾン)がわからない

①英語の発音と意味を知らない

まず、そもそも初めて聞いた英語(英単語)はリスニングできません。

英語の発音と意味を知らないからです。

そのため、オンライン英会話をしていて知らない英単語がたくさん出てくるという方は、単語を覚えるなど語彙を増やす必要があります。

②英語の意味は知っているが、発音がわからない・間違って覚えている

単語を見ればわかるけど、聞き取れないというオンライン英会話初心者の方、多いのではないでしょうか?

私もオンライン英会話を受講してみて、誤った発音で覚えていた英単語が多くあったことに気付きました。

これまでの英語学習の多くはリーディングが中心だったので、このような経験をする方はたくさんいらっしゃると思います。

そのため、誤って理解している英語と、その英語の発音をしっかりと理解することがリスニング力の向上において重要になります。

③英語の意味と発音はわかるが、英語の音声変化(リエゾン)がわからない

これも多くの方が経験するかと思います。

英語にはリエゾンといって、音がつながることによって単語の切れ目がわからなくなることがあります。

例えば、check it outを「チェック イット アウト」で理解している方は実際には英語を聞き取れないです。

なぜなら、実際には「チェッケラゥ」とネイティブの方は発音するためです。

このように、単語がつながると発音が変化することが英語ではたくさんあります。

英語を聞き取るには、発音の変化(リエゾン)を理解することが必要になります。

リスニング力を向上させるための勉強方法

皆さんはリスニング力を高めるためにどのような勉強方法を活用していますか?

代表的なリスニングの勉強方法は次の通りです。

リスニングの代表的な勉強方法

①ヒアリング
②音読
③ディクテーション
④シャドーイング

この中でも、手軽に学習できる上に効果の高いディクテーションがオススメの勉強方法です。

さらにオンライン英会話を組み合わせることで劇的にリスニング力を向上できます。

概要手軽さ
面倒(☆) ↔ 手軽(☆☆☆)
効果
小(☆) ↔ 大(☆☆☆)
ヒアリング英語をひたすら聞くという勉強方法☆☆☆
音読英語の文章を実際に声に出して読むという勉強方法☆☆☆☆
ディクテーション英語の音声を聞きながら、流れてくる英語を書きとる勉強方法☆☆☆☆☆
シャドーイング聞こえた音声を2、3語遅れて、追いかけて発声していく勉強方法☆☆☆

ヒアリング

最も代表的な勉強方法はこちらのヒアリングという方法ではないでしょうか?

ヒアリングとは英語をひたすら聞くという勉強方法です。

昔、スピードラーニングという英語教材が流行っていましたが、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

ひたすら英語を聞くことで、リスニング力が向上すると考えている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際は英語を聞き流してもリスニング力の向上にほとんど効果はありません

ヒアリングはただ英語を聞けばよいので、頭を使わない勉強方法なので楽だと思います。

しかし、効果も非常に弱いです。

そのため、リスニング力を上げる勉強方法として、ヒアリングは個人的にオススメしません。

音読

音読とは、英語の文章を実際に声に出して読むという勉強方法です。

音読は英語を実際に声に出して読むので、ヒアリングよりも効果の高い勉強方法になります。

しかしながら、音読をするためには正しい発音方法を理解しておく必要があります。

正しい発音を指摘してくれる環境があるのであれば、効果の高い勉強方法ですが、独学では難しいやり方だと思います。

ディクテーション

ディクテーションとは、英語の音声を聞きながら、流れてくる英語を書きとる勉強方法です。

ディクテーションはポピュラーなリスニングの勉強方法ですが、実際にかなりの効果があると実感しています。

英語が聞き取れない理由は、

①英語の発音と意味を知らない、

②英語の意味は知っているが、発音がわからない・間違って覚えている、

③英語の意味と発音はわかるが、英語の音声変化(リエゾン)がわからない

です。

リスニング力を高めるには、誤って覚えていた英語の発音を知り、正しい発音を知ることが大切です。

ディクテーションは英語の書き取りを行うので、必然的にどの英単語の発音を知っていて、知らないのかが明確にわかります。

英語の正しい発音を理解することで、効率的に英語のリスニング力を高めることができます。

シャドーイング

シャドーイングとは、聞こえた音声を2、3語遅れて、追いかけて発声していく勉強方法です。

元々は通訳を目指す方のための訓練方法として活用されていた勉強法でした。

オンライン英会話初心者の方にとっては、「聞く」、「発音する」を同時に行うので、難易度の高い学習法だと思います。

しかしながら、その効果は非常に高いので、ディクテーションで英語のリスニングに慣れてからチャレンジしてみましょう

ディクテーションのやり方

ディクテーションは、シャドーイングに比べて隙間時間(電車の中など)に手軽に勉強できます。

また、シャドーイングに比べて難易度も低いので、オンライン英会話初心者の方にはディクテーションは非常にオススメです

ノートとペンを使ったディクテーションの具体的なやり方

ノートとペンを使ったディクテーションのやり方

英語音声を通しで聞く。1~2回ほど繰り返し概要を把握する。

②1〜2文ごとに音声を一時停止し、ノートに書き取る。英語音声がすべて終わるまで繰り返す。

③書き取った英語と英語のスクリプトを照らし合わせて、聞き取れなかった箇所を確認する。

④聞き取れなかった箇所を、もう一度聞き、正しい発音を理解する。

もし書き取ることのできる英語が少なすぎる場合、教材のレベルが合っていないので変更しましょう。

スマホを使えばもっと手軽にディクテーションをすることができます。

特に、ディクトレというアプリがオススメです。

ディクトレは全て無料になっています。

無料にも関わらずディクテーションの問題が300以上用意されています。

おすすめのアプリなので、是非活用することをおすすめします!

ディクトレやその他のディクテーション用のアプリについては、「オンライン英会話のためのディクテーションアプリ3選|リスニング力向上」をご覧ください。

ディクトレの解説動画はこちら

英語リスニング学習アプリ「ディクトレ」解説動画

オンライン英会話とディクテーションを組み合わせる

ディクテーションはリスニングの学習にとても効果的です。

これに加えてオンライン英会話で実践することで効果がさらに高まります。

特に英会話初心者の方はディクテーションをしながら、オンライン英会話を利用することで早い段階で英語力の向上の効果を実感できます。

私もオンライン英会話レッスンを始めたばかりは、ディクテーションと組み合わせていました。

その結果、講師の英語を聞きとることがかなりできるようになりました。

私のオンライン英会話体験記は以下の記事で詳しく解説しています。

ディクテーションと相性の良いオンライン英会話5選

オンライン英会話のレッスン教材でディクテーションができるのが理想的です。

そのためにはリスニング付きの教材が用意されているオンライン英会話がおすすめです。

多くのオンライン英会話サービスはデイリーニュースというニュース教材を用意しています。

ニュース記事はディクテーションの教材として活用できるのでおすすめです。

デイリーニュースのメリット

①時事問題も多く、教材が面白い。
②教材が毎日更新される。
③レッスンの予習・復習にもちょうど良い文章量
④レッスンでは積極的に自分の意見を発言できる。
⑤世界の出来事が知れて、教養がつく。

デイリーニュースの教材のあるオンライン英会話サービスのランキング表は次の通りです。

オンライン英会話サービスニュース教材更新頻度難易度リスニング機能アプリ教材公式
ページ
第1位レアジョブ英会話デイリーニュースアーティクル
ウィークリーニュースアーティクル
毎日
週1
中級、上級有りレアジョブアプリでリスニング可デイリーニュースアーティクル
ウィークリーニュースアーティクル
第2位Weblio英会話Weblio Weekly毎日初級、中級、上級有りアプリ無しWeblio Weely
第3位DMM英会話デイリーニュース(初級、中級、上級)毎日初級、中級、上級無しアプリ無しデイリーニュース
第4位ネイティブキャンプ
デイリーニュース毎日初級、中級、上級無しアプリはあるが、リスニング機能は無しデイリーニュース
第5位産経オンライン英会話Plus
ニュースディスカッション (初級、中級、上級)月2回初級、中級、上級無しアプリ無しニュースディスカッション

第1位 レアジョブ|デイリーニュースアーティクル・ウィークリーニュースアーティクル

レアジョブHPより

ニュース記事のあるおすすめオンライン英会話第1位はレアジョブです。

レアジョブにはデイリーニュースアーティクルとウィークリーニュースアーティクルの2つがあります。

これらは英文ニュース記事が教材となっており、レッスンではそれを題材に講師とディスカッションします。

デイリーニュースアーティクルは文章量が高く、レベルの高い教材となります。

ウィークリーニュースアーティクルは比較的易しめの内容です。

デイリーニュースアーティクルの例

2021年10月21日のデイリーニュースアーティクル
2021年10月21日のデイリーニュースアーティクル。
ニュースタイトル「Robot made out of trash helps COVID-19 patients in Indonesian village」

レアジョブが最もおすすめの理由は、アプリを使ってニュース記事のリスニングができることです。

リスニング機能を使って予習・復習のディクテーションをすることができます。

デイリーニュースアーティクルの詳細は「レアジョブのおすすめ教材はdaily news article|効果的な活用法」をご覧下さい。

ウィークリーニュースアーティクルの詳細は「レアジョブのweekly news articleはおすすめ教材|ヘビーユーザーが徹底解説」をご覧下さい。

レアジョブが気になる方は、一度体験レッスンを受講してみるのがおすすめです。

2回の無料体験レッスンとカウンセリングを無料で受講できます。

レアジョブ無料体験はこちらから

レアジョブ英会話

レアジョブキャンペーン情報

無料登録後、1週間以内に料金支払ページでキャンペーンコード「7dayscpn」と入力すると、初月半額になります。お得なキャンペーンになるので有料会員への入会の際はご利用を!

第2位  Weblio英会話 |Weblio Weekly

公式HPより

weblio英会話が提供しているニュース教材です。

同じ内容のニュース記事を初級・中級・上級の3レベルに分けて読むことができます。

Youtubeでリスニングもできるので、ディクテーションもすることができます。

ただ、アプリなどがなく手軽さという面ではレアジョブに劣っているので第2位となります。

無料体験レッスンはこちらから

第3位 DMM英会話|デイリーニュース

DMM英会話HPより

第3位はDMM英会話のデイリーニュースです。

初級から上級までの豊富なニュース記事があります。

教材はたくさんありますが、リスニング機能がないことが残念な点です。

ディクテーションをするにはレッスン中に講師に音読してもらう必要が生じます。

教材の豊富さを評価して第3位となります。

DMM英会話の無料体験はこちら

第4位 ネイティブキャンプ|デイリーニュース

ネイティブキャンプHPより

第4位はネイティブキャンプです。

中級から上級向けのニュース記事が準備され、更新も毎日行われます。

しかし、リスニング機能がないためこのような評価となりました。

ネイティブキャンプの無料体験はこちら

第5位 産経オンライン英会話Plus |ニュースディスカッション

産経オンライン英会話公式HPより

第5位は産経オンライン英会話Plusです。

ニュースディスカッションの質は高いですが、リスニング機能がないこと、更新が月2回と少なくなっています。

毎日ニュース記事を利用しない人には良いかもしれません。

産経オンライン英会話Plusの無料体験はこちらから

レアジョブ利用者はデイリーニュースアーティクルを活用しよう!

オンライン英会話レアジョブ入会者にオススメのディクテーション教材はデイリーニュースアーティクルです。

ディクテーションにちょうど良い教材になっています。

また、毎日教材が更新されているので飽きることなく勉強できます。

私はレアジョブのデイリーニュースアーティクルを愛用しています。

音声再生もできるので、レッスンの予習・復習にディクテーションやシャドーイングができ、非常に有益な教材です。

その他のレアジョブの教材について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ディクテーションと相性の良いオンライン英会話まとめ

リスニング勉強方法は、ディクテーションが効果的です。

個人的にオススメのアプリはディクトレです。

ディクテーションでリスニングに慣れてきたら、より効果を高めるためにシャドーイングにチャレンジしてみましょう!

オンライン英会話を組み合わせることで効果をさらに高めることができます。

ディクテーションと相性の良いオンライン英会話

第1位 レアジョブ

第2位 Weblio英会話

第3位 DMM英会話

第4位 ネイティブキャンプ

第5位 産経オンライン英会話Plus

ディクテーションと相性の良いオンライン英会話はレアジョブです。

レアジョブ教材のデイリーニュースアーティクルはリスニング機能も付いていて、アプリで手軽に学習できます。

ディクテーションとオンライン英会話を組み合わせて効果的にリスニング力を高めていきましょう!

レアジョブが気になる方は、一度体験レッスンを受講してみるのがおすすめです。

2回の無料体験レッスンとカウンセリングを無料で受講できます。

レアジョブ無料体験はこちらから

レアジョブ英会話

タイトルとURLをコピーしました