【毎日更新】レアジョブのデイリーニュースアーティクル|効率的に英会話学習

レアジョブ

・オンライン英会話をしているけど、なかなか成果が出ない。

・英会話初心者を脱却して、中級者になりたい。

オンライン英会話を始めてみたけど、なかなか成果が出ず、お悩みの方多いのではないでしょうか。

私は、これまでレアジョブのレッスンを600回以上受講し、現在も継続して受講しています。

その結果、レッスンを受け始めてから1年で初級レベルから中級レベルまで上達することができました。

これまで様々なレアジョブ教材を試してきましたが、最も効果の高い教材はディスカッション教材のデイリーニュースアーティクルです

この記事がおすすめの人

①レアジョブでなかなか成果が上がらない方
②レアジョブのおすすめ教材を知りたい方
③レアジョブでの効果的な勉強方法を知りたい方

記事の執筆者

レアジョバー
レアジョバー

・レアジョブ利用歴3年・総レッスン回数600回

・英語初心者から中級者へ(レアジョブレベル3→7)

2022年1月時点のレアジョブ受講回数とレッスン時間

結論

デイリーニュースアーティクルの活用方法

デイリーニュースアーティクルは英文ニュース記事を題材としたディスカッション教材。

デイリーニュースアーティクルは予習・復習をすると良し!

英文のリスニング機能があるので、予習・復習に活用すると効果的!

その他のレアジョブ教材とおすすめ教材は「【2022年版】レアジョブ教材の選び方|おすすめ教材と評判を徹底解説」で詳しく解説しています。

留学せずに・お金を掛けずに英語がペラペラになりたい・・・。

ビジネス英語をマスターして、キャリアップをしたい・・・。

TOEIC(特にリスニング)のスコアを上げたい、英検の面接試験対策をして合格したい・・・。

そんな目標を叶えてくれるのが、オンライン英会話レアジョブです。

レアジョブを使えば、1日たった30分の習慣で英語がみるみる聞ける・話せるようになります。

私はオンライン英会話レアジョブデイリーニュースアーティクルのレッスンを続け、英語が話せるようになりました。

レアジョブの効果
英語が話せるようになったら・・・

☑昇給・キャリアアップができる
☑転職に有利
☑海外旅行がもっと楽しめる
☑夢の海外生活が実現できる
☑外国人と話して自分の世界を広げることができる

レアジョブは毎日1レッスン月額6,380円。外食や飲み代を少し抑えるだけで捻出できます。

受講者の半分以上が全くの初心者からレアジョブをスタートしています。

2回の無料体験レッスンが受講できるので、まずは試してみましょう。

留学せずに低価格で英語がペラペラに レアジョブの無料体験はこちらから

今なら話題のレアジョブが無料会員登録から7日以内の登録で初月50%OFF

レアジョブの無料体験レッスンの受け方は以下の記事で詳しく解説しています。

目次

レアジョブのデイリーニュースアーティクルとは|毎日更新の英語ニュース記事教材

Daily News Article(略してDNA)とは英文ニュース記事が教材となっており、レッスンではそれを題材に講師とディスカッションします。

レアジョブレベルは7以上と中級者向けの教材となっています。

英文ニュース記事は、内容にもよりますが6~8パラグラフくらいの分量です。

2022年4月6日のデイリーニュースアーティクル「How has the COVID-19 pandemic changed after two years?」

【2022年4月1日】デイリーニュースアーティクルのリニューアル

person holding bible on road with people walking on sidewalk beside buildings during nighttime

なお、2022年4月1日から記事内容が全面リニューアルされました。

DNAのリニューアルの詳細はレアジョブHPのお知らせ「2022年4月1日よりDaily News Articleのニュース記事がリニューアルされます」をご覧ください。

主な変更点は次の通りです。

デイリーニュースアーティクルの変更点

①記事の元になる会社がThe Japan Times AlphaからAP通信に変更

②その結果、記事内容に世界のリアルタイムニュースが多くなった

③難易度が以前よりも増加

AP通信はニュース記事を世界中に発信している、米ニューヨークに本部を置く非営利通信社です。

これまではの記事はThe Japan Times Alphaが発信するニュース記事を使っていました。

The Japan Times Alphaは、英語学習者向けの英字新聞で日本人向けに書かれています。

2022年4月のリニューアルでは、AP通信のニュース記事に変更され、世界のリアルタイム・ニュースが多く含まれるようになっています。

その結果、教材の難易度も上がりました。

デイリーニュースアーティクルを使ったレッスンの流れ

デイリーニュースアーティクルのレッスンの流れ
デイリーニュースアーティクルのレッスンの流れ

1.タイトルを読む。タイトルに関連する簡単な質問に答える。
2.Unlocking word meaningに書かれている単語と意味を読む。
3.本文を読み、まとまったパラグラフごとの質問に答える。
4.Viewpoint Discussionの質問に回答する。

1.タイトルを読む。タイトルに関連する簡単な質問に答える

レッスンが始まると、タイトルを音読するように指示されます。

その後、タイトルの話題に関連した簡単な質問を講師がします。

それに応答する形でレッスンが始まります。

2.Unlocking word meaningに書かれている単語と意味を読む

Unlocking word meaningは、英文の中に使われている単語の中で意味が説明されている単語です。

単語の意味は英語で説明されています。

レッスンでは、これらの英単語、意味、例文の音読をするように指示されます。

講師によっては、この単語を使った例文の作成などが求められることもあります。

デイリーニュースアーティクルのUnlocking Word Meaningsの例
2021年10月21日のデイリーニュースアーティクル。
ニュースタイトル「Robot made out of trash helps COVID-19 patients in Indonesian village」

3.本文を読み、まとまったパラグラフごとの質問に答える

次に、講師から全部まとめて本文を音読するか、パラグラフごとに音読するか尋ねられます。

どちらか好きな方を選びましょう(パラグラフごとに音読するのが良いでしょう)。

音読後、講師から文章の内容について質問があるので回答します。

4.Viewpoint Discussionの質問に回答する

最後に、Viewpoint Discussionを用いて講師とディスカッションをします。

Viewpoint Discussionの質問ごとに自由に意見を述べて、講師と文章の内容について議論をします。

デイリーニュースアーティクルのViewpoint Discussionの例
2021年10月21日のデイリーニュースアーティクル。
ニュースタイトル「Robot made out of trash helps COVID-19 patients in Indonesian village」

デイリーニュースアーティクルがおすすめの理由

①時事問題も多く、教材が面白い。
②教材が毎日更新される。
③題材となる記事のリスニングができる。
④まとまった文章を音読するので、スピーキング力がつく。
⑤ディスカッションで積極的に自分の意見を発言できる。
⑥25分間のレッスンにちょうど良い分量の教材である。

おすすめ理由①時事問題も多く、教材が面白い。

海外のニュースなどが多く取り上げられているので、教材自体が非常に面白く、勉強になります

記事は、次の9つのジャンルに分かれています。

デイリーニュースアーティクルのジャンル

Business
Education/Family
Health
Human Interest
Lifestyle/Entertainment
Science/Environment
Sports
Technology/Innovations
Top Stories

おすすめ理由②教材が毎日更新される。

デイリーニュースアーティクルは、毎日欠かさず教材が更新されています。

そのため、毎日異なる教材でレッスンを受講することができます

これまでレアジョブで2年半以上レッスンを受講していますが、教材の質を維持して毎日更新されているデイリーニュースアーティクルは本当に凄い教材だと実感しています。

おすすめ理由③題材となる記事のリスニングができる。

デイリーニュースアーティクルは、記事の本文をリスニングすることができます。

リスニング機能が付きのニュース教材はレアジョブならではの特徴です。

英文をリスニングして予習をすることができます。

また、レッスン終了後、復習にも活用でき非常に便利です。

デイリーニュースアーティクルのページにいって、下の再生ボタンを押せば音声が流れます。

レアジョブのアプリも活用できるので、スマホでも簡単にリスニングできます。

2021年10月21日のデイリーニュースアーティクル。
ニュースタイトル「Robot made out of trash helps COVID-19 patients in Indonesian village」

なお、ディクテーションにも大いに活用できるので、リスニング力を効率的に高めたい方にとっても非常に有用な教材です。

ディクテーションの詳しい活用法については「【オンライン英会話初心者必見】リスニングの勉強にはディクテーションが効果的」をご覧ください。

おすすめ理由④まとまった文章を音読するので、スピーキング力がつく。

デイリーニュースアーティクルでは、記事を音読し講師に発音などの間違いを指摘してもらえます。

また、継続的にレッスンを受け、英文を音読するということを繰り返すうちに、少しずつ英語を滑らかでスピーディーに話せるようになるなど、スピーキング力を高めることができます

おすすめ理由⑤ディスカッションで積極的に自分の意見を発言できる。

デイリーニュースアーティクルが最強教材である理由は、講師とディスカッションができる教材であるということにあります。

自分で考えた意見を英語で話すという訓練は、スピーキング力をつける上で非常に重要です

デイリーニュースアーティクルでは、ディスカッションの時間をたくさん設けることができるので、英会話力の向上に非常に効果的です。

おすすめ理由⑥25分間のレッスンにちょうど良い分量の教材である。

25分間でちょうど良い分量の教材になっています。

しかし、ディスカッションで講師と盛り上がって気づいたらレッスン時間を過ぎていたなんてことも結構あります。

デイリーニュースアーティクルの難易度・レベル|初級者でも受講可

Daily News Articleのレベルをみると、レベル7~10と上級者向けに設定されています。

しかし、これまで数百回ほどこの教材を活用してきた私の感覚では、レベル7以上でなくても十分に活用できる教材だと思います。

最初は難しく感じるかもしれませんが、しっかり予習をしておけば初級レベルでも問題ないと思います。

私は初級レベルの頃からレッスンを受けていましたが、予習をしておけば問題なくレッスンを受講できました。

Daily news articleよりも難易度の低いweekly news articleという教材もあります。

教材内容が難しいと感じた人はweekly news articleがおすすめです。

詳細は以下の記事をご覧下さい。

デイリーニュースアーティクルのおすすめ学習方法

①レッスン前に教材の文章を見ずに、リスニングする(2回ほど集中して聴く)。
②教材をみながらリスニングする。
③わからない単語を調べて、意味がわかるまでリスニングする。
④レッスンを受講する。
⑤レッスン後、表現できなかった内容を調べるなど復習をする。

学習法①レッスン前に教材の文章を見ずに、リスニングする(2回ほど集中して聴く)。

レッスン前の予習として、どの程度教材の内容がわかるのか英文を見ずにリスニングしてみましょう。

内容を理解するのはかなり難しいと思いますが、初めての英文を集中してリスニングする訓練を繰り返すことでリスニング力が向上していきます。

学習法②教材をみながらリスニングする。

次に教材をみながらリスニングしましょう。

特に、①で聞き取れなかった英語に注目して教材をみながらリスニングしてみましょう。

学習法③わからない単語を調べて、意味がわかるまでリスニングする。

続いて、わからない単語を調べて教材全体の文章の意味を把握して、もう一度リスニングしましょう。

これでデイリーニュースアーティクルの予習は完了です。

どうしてもわからなかった表現などはメモして、レッスンで講師に尋ねましょう。

学習法④レッスンを受講する。

予習が終わったらいよいよレッスンです。

積極的に講師に質問をし、ディスカッションしましょう。

レッスン中は、言いたかったけど英語で言えなかったことをメモしておきましょう。

学習法⑤レッスン後、表現できなかった内容を調べるなど復習をする。

レッスン後、メモしていた表現できなかった英語をgoogleで検索しましょう。

それらの表現を単語帳などにメモして、後日、復習を行いましょう。

上記①~⑤の流れで学習をすると、レッスン合わせて1時間ほどの学習時間となるかと思います。

レッスン以外に予習・復習を行うと英語習得までに掛かる期間を圧倒的に減らすことができるので、是非、予習・復習を行ってレッスンを受講しましょう。

Daily news articleはいつ頃使うのが効果的?

デイリーニュースアーティクルは非常に効果のあるレアジョブの教材です。

しかし、レアジョブは中級以上のレベル設定としており、初心者の方は難易度が高く感じるかもしれません

私の場合、レッスン開始3ヵ月後からデイリーニュースアーティクルを活用して勉強を進めました。

私のレッスン体験談については「オンライン英会話レアジョブの効果は?2年半以上の体験談からレビュー」で解説していますので、ご覧下さい。

なお、デイリーニュースアーティクルよりも難易度の低いウィークリーニュースアーティクルという教材もあるので、初心者の方はこちらから挑戦するのも良いかと思います。

ウィークリーニュースアーティクルについてのレアジョブ公式サイトはこちら

レアジョブのレベル別の教材の選び方については「【2021年版】レアジョブ教材の選び方|レベル・目的別おすすめ教材」をご覧下さい。

レアジョブのデイリーニュースアーティクル利用者の口コミ|Twitterの反応

デイリーニュースアーティクルの良い口コミ

①英語力が上達する。効果がでるのが早い。

②ニュース記事で毎日更新されるので、レッスンが楽しい。

難しいという口コミも・・・

レアジョブレベル7の教材となっているので、難しいと感じた人は難易度の低いウィークリーニュースアーティクルがおすすめです。

レアジョブのデイリーニュースアーティクルはとてもおすすめ

デイリーニュースアーティクルは予習を行えば、初級レベルでも受講ができます。

また、デイリーニュースアーティクルは予習・復習をセットにしてレッスンを受講すると効果的です。

デイリーニュースアーティクルの活方法

①レッスン前に教材の文章を見ずに、リスニングする(2回ほど集中して聴く)
②文章をみながらリスニングする。
③わからない単語を調べて、意味がわかるまでリスニングする。
④レッスンを受講する。
⑤レッスン後、表現できなかった内容を調べるなど復習をする。

デイリーニュースアーティクルはおすすめの教材ですが、初学者にとっては少し難しいかもしれません。

難易度が高く感じる方は、易しめのウィークリーニュースアーティクルを活用してみましょう。

ウィークリーニュースアーティクルについては「レアジョブのweekly news articleはおすすめ教材|ヘビーユーザーが徹底解説」をご覧ください。

楽しみながらオンライン英会話の学習を続けていきましょう!

なおtwitterでデイリーニュースアーティクルのレッスンについて定期的にtweetしています。

興味のある方は是非フォローお願いします!

デイリーニュースアーティクルのレッスンが気になった方は一度体験レッスンの受講をおすすめします。

留学せずに・お金を掛けずに英語がペラペラになりたい・・・。

ビジネス英語をマスターして、キャリアップをしたい・・・。

TOEIC(特にリスニング)のスコアを上げたい、英検の面接試験対策をして合格したい・・・。

そんな目標を叶えてくれるのが、オンライン英会話レアジョブです。

レアジョブを使えば、1日たった30分の習慣で英語がみるみる聞ける・話せるようになります。

私はオンライン英会話レアジョブデイリーニュースアーティクルのレッスンを続け、英語が話せるようになりました。

レアジョブの効果
英語が話せるようになったら・・・

☑昇給・キャリアアップができる
☑転職に有利
☑海外旅行がもっと楽しめる
☑夢の海外生活が実現できる
☑外国人と話して自分の世界を広げることができる

レアジョブは毎日1レッスン月額6,380円。外食や飲み代を少し抑えるだけで捻出できます。

受講者の半分以上が全くの初心者からレアジョブをスタートしています。

2回の無料体験レッスンが受講できるので、まずは試してみましょう。

留学せずに低価格で英語がペラペラに レアジョブの無料体験はこちらから

今なら話題のレアジョブが無料会員登録から7日以内の登録で初月50%OFF

レアジョブの無料体験レッスンの受け方は以下の記事で詳しく解説しています。

タイトルとURLをコピーしました